2014年10月19日日曜日

10/24(fri) LIVE「スーホの白い馬」


『スーホの白い馬』

2014.10.24(fri)
18時半開場 19時開演
チャージ ¥1500(オーダー別)

【出演】
タニカワユウジ(津軽三味線)
フルハシユミコ(馬頭琴)
井上秀美(朗読)

【内容】
津軽三味線の独奏、馬頭琴とのコラボ。名話、スーホの白い馬を馬頭琴の生演奏とともにお届けします。

2014年10月10日金曜日

10/19(sun) 江戸時代の食べもの

10/19(日) 18時より
charge 1order

江戸時代の食文化を辿りながら、わたしたちの食について、
白石さんをお招きしてお話をみんなで聞き、考えてみましょう。
お気軽にいらしてください。

 「和食(世界無形文化遺産)を考える」    
白石広子

2013年、和食が世界文化遺産に登録されました。我々日本人は和食とは何かを考えるまでもなく、当然の如く知っているものと思っているはずです。でも

本当に知っているのでしょうか?
まず日常的に思い浮かべるのは鰻のかばやき、蕎麦、鮨(寿司)などがありますが、これらは全て江戸時代の後期に普及してきたものです。
古代から日本人の食べてきた物は基本的に変わりません。
それは、米と野菜と魚です。
一汁三菜は食物が豊富になった江戸時代からですが、それまで庶民は一汁一菜、もしくは二菜が基本でした。
ご飯を中心として野菜や魚の菜がつき、味噌汁もしくはすまし汁というものが定番でした。
料理が画期的に発達したのは江戸時代です。野菜、魚を様々に調理して、季節感を大事にしながら、季節の行事に合わせた料理を楽しむゆとりが生まれてきたのです。
もともと感性の豊かな日本人気質はこうした料理をも一つの娯楽として考え、料理文化が華開きました。
現在我々が和食として楽しんでいるものは、殆ど江戸時代に考えられたものです。
そして伝統的な食材に由来しています
そんな和食の歴史をひもときながら、日本文化の一面を考えてみましょう。


【白石広子】

近世対外交流史研究者(主に日蘭関係)
江戸時代の外国との交流について様々な角度から研究。料理についてもその一環として興味を持つにいたる。

著書
『じゃがたらお春の消息』 勉誠出版 2001
『長崎出島の遊女』   勉誠出版 2005
『バタヴィアの貴婦人』 新典社新書 2008

論文
「阿蘭陀通詞と異文化摩擦―文化文政の外交」『長崎談叢』第98
「ピエール・ロチ著『お菊さん』―明治初期・長崎の姿とその社会的影響」
                     『長崎談叢』第99
     
        他

10/18(sat)豆つぶ音楽会 ゴスペル・ナイト♪

10/18(土)豆つぶ音楽会(9回目)
2月から毎月開催させていただいている豆つぶ音楽会では、古今東西の素朴な名曲を200曲以上、演奏してきました。

今回は旧暦の10月が「神無月」と呼ばれることから着想を得て、ゴスペルや讃美歌と呼ばれるジャンルの音楽を集めてプログラムしてみました。教会でゴスペル・シンガーも務めるMurphyさんをゲストにお迎えします。
 
ゲスト・アーティスト
祈りのシンガーソングライターMurphy

2008年、アフリカはウガンダ共和国で、音楽活動を始める。2013年からは、日本国内でシンガーソングライターとしての活動を展開し、祈りを篭めた音楽を分かち合っている。お一人お一人のココロと体が護られ、進むべき道が照らされますように。

豆つぶ音楽隊 Mametsubu Ongakutai

Trumpet Kyoko  山本恭子 トランペット
Cajon  Yoshiki 西口佳貴 カホン


18:00 開場
18:30 演奏スタート
(演奏の終了予定は20時すぎ、そのあともカフェは営業していますのでゆったりとお過ごしください)
1order+some coins or bills for our activity & New Cajon
カフェに1オーダー
音楽家には小銭かお札を・・・
★活動資金+熱い夏を駆け抜けてひび割れたカホン代のカンパをお願いします★

「豆つぶノオト」https://note.mu/mametsubu
「豆つぶ音楽会Facebook」https://www.facebook.com/mametsubumusic
 
 

2014年9月19日金曜日

9/27(土) The Syamisenist生音ライブ

『The Syamisenist生音ライブ』

■日時■
 2014年9月27日(土)
19:00開場 19:30開演

■料金■
予約¥1,500 当日¥2,000

 ■予約■
syamisenist@gmail.comまで

■WEB■
http://poleyaleyaleyale.blogspot.jp/

■出演■
 The Syamisensit

津軽三味線の生音の魅力は半端ない!空気を切り裂く鋭いバチさばき、空間を包み込むような温かい音色、様々な魅力を間近でお楽しみ頂ける絶好の機会となっております。皆様のご来場心よりお待ちしております。
The Syamisenist

2014年9月14日日曜日

9/20(土)&9/24(水) ヒマラヤ精油お話会 and more event

9/20〜24 ヒマラヤ原生林の精油『Thousand Snow』の写真展

◎9/20土【ヒマラヤ精油お話会&日常に生かすトラディショナルヨーガ&フルベジランチ】


ヒマラヤ原生林の精油『Thousand Snow』の写真展とお話会にフルベジランチがついた特別企画!

輸入販売元である楠山純子さんにお越しいただき、ヒマラヤ精油誕生のお話や、現地の方々の生活の模様、驚くべき精油の効能や使い方などお話を伺います。

生活の中で活かせる、伝統的なヨーガについてのワークショップも一緒に開催します。

さらにスペシャルなフルベジランチ&ドリンク付き*


「Thousand Snow」の精油は、製品用に栽培された植物を使うのではなく、野性の植物を適正な方法で収穫し、抽出され、製品となっている点です。その行程は地域コミュニティによって行われ、雇用を生み出すこと、森林を守ること、すべてにつながっていきます。
たいへん貴重で純粋なエッセンスを、私たちの暮らしに生かしてみませんか。
 
日時:2014年9月20日(土)12:00open 12:30〜14:30

参加費用:3500円(ベジランチ&ドリンク付き)

場所:高円寺ぽれやぁれ 東京都杉並区高円寺南3-44-16

定員:15名

当日は全種類の香りをお試しいただけ、その場で購入も可能です。
※一部品切れの精油があります。

【お問い合わせ・お申し込み】
Yoga Priya(ヨーガプリヤ さち)
TEL 03-3478-1585
メール info.yogapriyaあっとgmail.comあっとを@に変えて送信ください)

メールは「9/20ヒマラヤ精油お話会」の件名で、
(1)お名前(2名以上の場合、全員分のお名前)
(2)当日の連絡先電話番号

ご不明な点はお気軽にお問合せください。
お逢いできることを心より楽しみにしております。


◎9/24水【ヒマラヤオイルお話会&新月クリスタルボウル音浴&フルベジプレート】

新月!ヒマラヤ原生林の精油『Thousand Snow』の写真展とお話会にフルベジプレートがついた特別企画

輸入販売元である楠山純子さんにお越しいただき、ヒマラヤ精油誕生のお話や、現地の方々の生活の模様、驚くべき精油の効能や使い方などお話を伺います。

精油の香りとクリスタルボウルの音に包まれながらそれぞれの新月のアファーメーションをしていきます。
 

日時:2014年9月24日(水) 19:30〜21:30
参加費用:3500円(ベジプレート&ドリンク付き)
場所:高円寺ぽれやぁれ 東京都杉並区高円寺南3-44-16

定員:15名

当日は全種類の香りをお試しいただけ、その場で購入も可能です。
※一部品切れの精油があります。


【お問い合わせ・お申し込み】
Yoga Priya(ヨーガプリヤ さち)
TEL 03-3478-1585
メール info.yogapriya@gmail.com

メールは「9/24ヒマラヤ精油お話会」の件名で、
(1)お名前(2名以上の場合、全員分のお名前)
(2)当日の連絡先電話番号

ご不明な点はお気軽にお問合せください。
お逢いできることを心より楽しみにしております

2014年9月9日火曜日

9/19(fri) シタール×タブラ LIVE

躍動的に編まれてゆく長編音楽

シタール x タブラ

めくるめく 90分



 【出演】
ヨシダダイキチ(シタール)
指原一登(タブラ)


【場所】ぽれやぁれ
東京都杉並区高円寺南3丁目44-16
TEL: 03-3316-0315
【時間】開場18:30/開演19:30
【料金】2500円 + 1オーダー
【主催】HEAT bEAT MUSIC
【問合】heatbeatmusic.mail@gmail.com


 ◇プロフィール◇

ヨシダダイキチ sitar

200年近くに渡りシタールの可能性を探求しているイムダッド派の7代目ウスタッド・シュジャート・カーンの弟子。
SAICOBABA、AlayaVijana、sitaar-tahで国内外のレーベルより多数のアルバムをリリース。また「ファティマとセミラ」「テュリ」をUAに楽曲提供、奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」をプロデュース。多数のフェスティバルやTV、ラジオ番組への出演。シタールやインド音楽に関する本「シタールのほん」執筆。他、民謡~ポップス~現代アートなどインド古典音楽に留まらずボーダレスに活躍。
http://www.yoshidadaikiti.com/
http://www.facebook.com/sitar.yoshidadaikiti



指原一登 tabla

インドのラジャスターンにてBirju Devda氏のもと2002年よりタブラを学ぶ。
現在、コルカタにてPt.Anindo Chatterjee、Anubrata Chatterjee両氏、及び国内にてU-zhaan氏に師事。
インド古典音楽の魅力を伝えるべく、来日アーティストとの共演、台湾公演など、国内に留まらない活動を視野に入れ、精力的な演奏活動を展開中。。
よみうりカルチャー講師として、荻窪・柏・大宮、各教室でタブラ講座開講中。
http://kazootbeat.blog47.fc2.com/


9/21(sun)豆つぶ音楽会

9/21(日)豆つぶ音楽会(8回目)

Trumpet Kyoko  山本恭子
Cajon  Yoshiki 西口佳貴

【BGMタイム】今回はダブルカホン!
15:00~15:30
16:30~17:00
ゲスト・ミュージシャン 森山馨介
【音楽会】オリジナル曲を中心に演奏します
18:00~
1order+some coins or bills for our activity & New Cajon

カフェに1オーダー
音楽家には小銭かお札を・・・

★活動資金+熱い夏を駆け抜けてひび割れたカホン代のカンパをお願いします★
 
 

 
♪まーめつーぶおんがーくかい!!
 

2014年9月7日日曜日

9/23(tue) annasekaiレコ発ライブ!

9/23 (火・祝)
open 18:30 / start 19:00〜
投げ銭+1オーダー
 
annasekai 1st ミニアルバム
「原始力ちゃんの言うとおり」発売記念ライブ!
 
 
 
 
 
annasekai ・・・
 

山に囲まれた芸術のまち藤野で育った感性でそのまま歌う。現在「私がやらなきゃ世界はこのまんまだ」と都内を中心に歌をうたい、自由に活動中。

http://annasekai.blogspot.jp/




 

2014年9月3日水曜日

9/13(sat)LIVE "ムビラ、ギター、太鼓、フルート、音の饗宴"

"ムビラ、ギター、太鼓、フルート、音の饗宴"
9月13日(土曜日) 開場:19:00 演奏:19:30~
チャージ:1000円+ワンオーダー

第1部は、
ムビラ、ギターのソロ演奏、
第2部は、
アフリカのムビラの綺麗な音色に、
グルーヴィーなギターと太鼓、
流れるようなフルートが加わり、
体全体を揺さぶる音の鼓動が、
あなたをアフリカの大地へといざないます。







【出演】

第1部
大槻洋治(guitar solo)
中世ヨーロッパや中東音楽、アフリカ音楽をオープンチューニング中心にギターで演奏。
8月に自主制作で作った絵本も展示。

sumi(mbira solo)
日本ではもちろんの事、ジンバブエ(アフリカ)でも
ライヴやショナ族の儀式で演奏しているムビラ奏者

第2部
enda naNehanda(エンダナネハンダ)
(ムビラ:sumi、ギター:大槻洋治、フルート:ジョン、ジャンベ:園田千草)

2014年9月2日火曜日

9/20(sat) TAYUTApilgrim わいやーへlive 


9/20(土)
TAYUTApilgrim わいやーへlive 
open: 18:30  start: 19:00 
charge \2000-+1オーダー

TAYUTApilgrim・・・・・・・
 
world accoustic musicバンドTAYUTAのHIRONO(vo)とまさ(per)による地球放浪音楽ユニット。
pilgrim(ぴるぐりむ)とは巡礼者や放浪者という意味。

唄とギターと太鼓とポジティヴを背負って音に導かれるままネパール、インド、西アフリカ地方ガーナ、ブルキナファソ、トーゴ、アメリカ大陸 ニューヨーク、カナダ、etc.........

日本とアフリカの音楽のスピリットをベースに大地の音とをこねあわせてこしらえたSOUNDを奏でながら各地の聖地や部族のお祭り、フェスなどに出演、地域の暮らしにとけ込み地球放浪中。

音楽とは人生そのもの 世界中の人や物事に出会い味わいそれを音にする
その土地の叡智や受け継がれる物語 それをまた音にする

私たち自身が音楽に 音楽が私たち自身になっていくように 

風の旅人 GYPSY 音楽
行く先は Naiture Guidanceに任せて・・・・


TAYUTApilgrim is a Japanese world music duo by flowing on the earth music. had been touring cambodia Nepal, India, Spain, Burkina Faso, Togo , New York, Canada and still keep doing. The harmonic sound of HIRONO's singing and the powerful and uplifting beats from Yamaguchi YASUBEHE Masa's drum and guitar offer delicate doses of soul, Afro beats, and world music fused with messages of peace and respect for Mother Nature.

 
<HIRONO(うた)>

2004年world accoustic musicバンドTAYUTAを結成。ボーカリストとして活動。
パワフルでありながら夕暮れの海のような切なさも感じるシャーマニックな唄声で世界中を飛び回りながら
唄のみならず絵や独自の作品づくりなど多才に自由に生きている。TAYUTApilgrimの他に「ウタタイコ」というユニットもまさと組んでおり、宮沢賢治の作品を朗読しながら歌い即興演奏で紡いでいくということもやっており、2人のライフワークにもなっている。

地球放浪音楽活動中。

 
〈やまぐち安兵衛まさ(Gt,Per)〉

千葉県南房総の田舎 屋号「安兵衛」の家に生まれ育つ。
ベーシストとして活動し上京 旅先のとある無人島に行った時に西アフリカの太鼓ジャンベに出会
打楽器奏者に転向。太鼓に導かれるまま西アフリカ ガーナの伝統楽器kpanlogo(パンロゴ)に出会う。

ガーナ、ブルキナファソに渡り、ガーナ国立舞踏団打楽器奏者ソリスト AHUMANI ALPHONSE氏に師事。 自身のバンドTAYUTA、ウタタイコ、サルサガムテープなどで活動。
現在TAYUTApilgrimとして世界中様々な地域でのライブやツアー公演、即興演奏、ワークショップなど
魂のゆくまま 音旅をしつづけている。

地球放浪音楽活動中。